第二回はトレードするためにpythonの開発環境を構築します。

環境構築の段階で躓くと今回以降の内容に進めないので、

モジュールの仕様変更等で、うまくいかない、わからない場合はコメント欄に書いていただければ回答します。

 

pythonの導入がまだの方は第一回

開発環境PyCharmの導入

私はpycharmを使用しているためpycharmで今後の説明を進めていきます。

 

こちらからpycharmのダウンロードを行ってください。

バージョンはCommunityを選択します。

こちらのサイトがわかりやすく解説されているので、インストール方法がよくわからないかたは参照してください。

 

インストールが完了したら次はコードをよりシンプルに書くためのモジュールを導入します。

取引所APIを扱う準備

プログラムではAPIというものを使用して取引所から情報を得たり、命令を送信したりします。

このAPIを扱うためには複雑なプログラムを書く必要がありますが、モジュールというものを導入すれば非常に簡単に実装できます。

今回はzaifのAPIの導入方法について説明します。

※今後はzaifを使用してプログラミングを行っていきます

※要望の多い場合はbitflyer版のプログラム等も掲載する予定です

zaifにまだ登録していない方はこちらから登録できます。

 

 

次にモジュールをインストールします。

方法は二種類あるのでコマンドラインを使う方法かGUIを使う方法かはお好みで

※コマンドラインでの操作になれていない方はGUIでのインストールをおすすめします

モジュールのインストール(GUI)

GUIでのインストールはこちら

 

モジュールのインストール(CLI)

まずキーボードでwindowsキーとrキーを同時押しします。

ウィンドウが表示されるのでそこに「cmd」と入力します。

これでコマンドラインを呼び出します。

 

次にコマンドラインで第一回でpythonをインストールしたフォルダに移動します。

例:C:\python34フォルダにインストールした場合

コマンドラインに「cd c:\python34\scripts」と入力してください。

 

最後にモジュールの導入を行います。

「pip install zaifapi」

と入力します。

成功するとインストールが始まります。

 

第二回は以上です。

第三回では実際にモジュールを用いたプログラミングを進めていきましょう。